目指す道は遥かなれど、いつの日か。。。
日々経験すること全てを糧とするよう務めるのみ。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 揺れる | main | 夢の担ぎ手 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
初恋の人の夢など見てるのは・・・
昨日の夜、実家の友人から電話がかかってきた。会話の中で知らず初恋の人の名前がポツリと出たその瞬間、動揺を隠すことすら忘れて「今、元気してるのか?」などと聞いてしまった。それが、そのことがなんとも意外で、想いを告げることなく終わってしまったあの恋、中学生の淡い恋を、多少脚色が着いてしまったあの苦さを思い出しつつ眠りについた。

・・・そして、夢を見た。2つの夢を。

ひとつ目は、
初恋の女の子と一緒に運動会で組体操をしている夢。舞台は小学校。他のメンバーも全員小学生のときの友人だ。自然に囲まれた広々とした校庭で、俺がやろうとしていることを彼女は受け入れてそれをフォローしてくれていた。頑張れって応援してくれていた。真剣な顔で何かに耐えるようなしぐさを見せつつも、応援してくれていた。
なんだか懐かしくて、そういえば彼女はこういう子だったな、と思い出し、そこで目が覚めた。・・・いつの間にか泣いていた自分に気がつきびっくり。

時計を見たらまだ6時だったので、もう一眠りすることにした。

そして、、、ふたつ目の夢を見た。
俺はよく以前見た夢と同じ舞台の夢を見る。幾つかあるのだけれど、今回は田舎。前回みたのは3ヶ月ぐらい前で、そのときは、裏の山に入っていって迷子になった友人を探している夢だった。今回はすげー速いローラーブレードを履いたまま電車で最寄の駅まで友人と初恋の子を含む4人(後の1人を加えても全員接点無し)で向かう夢。駅で1人脱落し、途中道を間違えたり従姉妹(前の夢のときも同じ場所に住んでいた)と会ったりしながらも、目的の別荘に到着した。
お腹空いたねと言う話になり、何か作ろうと言う別荘の持ち主に、「全員料理ができる人達だから俺はのんびりしてたいー」と我侭を言ってみる俺。却下され台所に行くと、そこには大量の寒天が。。。
・・・何を作るつもりだったのだろう。。。

夢判断をするなら、過去から未来へ、何かを受け渡したことになるのだろうか。確かに、別荘の持ち主は今一番会いたいと願う人なのだ。

夢はときどきいたずらをする。俺の場合、夢には特別な思い入れがある。今回は、警告のような何かだったのかもしれないし、この世の中で一番理解できない自分の胸の内側を代弁してくれたのかもしれない。

でも、一番会いたい人=好きな人じゃないしとか言ってると、今夜当たり素直になりなさいという警告の夢なんか見たりして。。。
| wdd | 夜見る夢の中にて | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:41 | - | - |









http://whitedaydream.jugem.jp/trackback/19
キラーストリート (初回限定盤DVD付)
キラーストリート (初回限定盤DVD付) (JUGEMレビュー »)
サザンオールスターズ
これから聞き込みます。
最近シングルも買ってなかったので丁度良いや。
WORLD JOURNEY
WORLD JOURNEY (JUGEMレビュー »)
高橋 歩
「世界一周しちゃえば?」が合言葉のとっても開放感溢れる一冊。
すげーよ。
MyBlogList
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ