目指す道は遥かなれど、いつの日か。。。
日々経験すること全てを糧とするよう務めるのみ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
前口上
英国のバイロン曰く、「事実は小説より奇なり」。

 考えてみれば当たり前のことで、『小説』という文章は物語としての『予定調和』の上に成り立っている。それは例えテーマが『混乱』や『混沌』などと言うものであっても、人がそれを創造している以上はある程度『落としどころ』としての『予定調和』というものが存在している。優れた『小説』とは、『予定調和』をそうとは感じさせないものだ。

 ところが、私達が生きている『事実』というやつには『予定調和』は必ずしも存在しない。人が1人で創造している『小説』に比べ、人が計ることのできない自然の中で確然と起こり得た『事実』に比べたら、『予定調和』なんてちっぽけなものでしかない。

 人は、自分の想像や常識を超えたものに立ち会ったときに、『驚き』つまり『奇』を感じる。そういう意味では、自分の想像を超えた『予定調和』にも『奇』を感じることもあるだろう。
 だがやはり、何が起こるか分からない、『予定調和』の無い『事実』にこそ、より強い『奇』を感じると断言することができる。

 では、その『事実』を人工的に切り取って記事にしたらどうなるだろう?『小説』よりも強い『奇』をもたらすことができないだろうか?


 僕は、それを目指そうと思う。自分の実力をはるかに超えたその目標に向け、どうしたらそれを成すことができるか、考え、悩み、実践し、あがいてみようと思う。
 「『事実』を切り取ること」 それこそが当ブログにおける基本的なテーマの1つなのである。

はくちうむ 管理人 wdd
| wdd | みなさまへ | 15:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
キラーストリート (初回限定盤DVD付)
キラーストリート (初回限定盤DVD付) (JUGEMレビュー »)
サザンオールスターズ
これから聞き込みます。
最近シングルも買ってなかったので丁度良いや。
WORLD JOURNEY
WORLD JOURNEY (JUGEMレビュー »)
高橋 歩
「世界一周しちゃえば?」が合言葉のとっても開放感溢れる一冊。
すげーよ。
MyBlogList
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ